地熱発電事業

プラント

温泉水を利用しない新地熱発電システム(世界初)

JNEC方式の新地熱発電システムの特長は、世界初のクローズドサイクル地熱発電。地中深くまで水を循環させる密閉された管を埋め込み、地中熱のみを利用して管内の水を熱し、 その蒸気でタービンを回して発電を行う方式です。 蒸気は冷却され水となり、また元の管へと戻されます。この方式であれば、発電時のゼロ・エミッションの実現や、これまでの地熱発電の課題克服ができます。

地熱回収

導入・運用面におけるコストの抑制

環境アセスメントや十分な地熱流体を確保するための再掘削の必要がなく、温泉法による制約もありません。 よって、従来の地熱発電方式では10年を超えていたリードタイムを大幅に短縮することが可能です。 水を循環させるのでスケール※による管及び地上設備の目詰まりや腐食がなく、メンテナンスコストを抑えられます。 メンテナンスに伴う長期間の運転停止がないため、24時間安定的に発電ができます。
※スケール…地下水中の鉱物が堆積したもの。目詰まりや腐食の原因となる。

持続可能な開発の促進

火山国日本ならではの再生可能な地熱資源を活用することで、海外化石燃料への依存を減らし、限りある地球資源を大切にします。 また、発電時のCO2排出がないので、地球環境に影響を与えることもありません。

ゼロ

地域との共存共栄

温泉水を一切使わないため、温泉業に影響を与えることなく、スムーズに導入することができます。 設備もコンパクトで美観を損ねないため、あらゆる地域においても共存共栄が可能になっています。

イメージ

水分発電所

水分発電所は、九重連山の風光明媚な山々に囲まれる大分県玖珠郡九重町に位置しています。

水分発電所

地熱発電に参入したい企業様は、まずはお問合せください。

【メディア掲載】
2017年4月15日放送 スーパーJチャンネル特集
2016年10月24日 Yahoo!ニュース
2016年10月12日 NHK NEWS WEB
雑誌 ENECO 2017年2月号

地熱発電に関するお問合せはこちら

助成金事業